インターホンをリニューアルする時の心得!

15年程度で交換がお勧め

インターホン

業者に依頼して最適な工事

インターホンは設置から10年から15年程度でするリニューアルが推奨されています。というのも、インターホンは設置してから365日24時間電源の供給を受け待機しています。稼働時間が長いため耐用年数がそれほど長くはありません。メーカーでの修理対応期間も部品の保管が7年程度となり、戸建て用は10年、集合住宅用で15年を想定していることもあり比較的短い期間での交換が想定されています。実際に使われているインターホンを見てみると10年程度で故障が目立ち始め、15年になると修理費のほうが高くついたりしているものが多いです。故障内容として多いのはカメラが稼働しなくなり音声だけで利用するしかなくなってしまうことも多いです。また音声のみでも不自由はないという方もいますが、音声のみで使用しているうちに雑音が多く会話がうまく聞き取れなくなっているインターホンも多いです。防犯面で考えてインターホンをリニューアルしてしまったほうがメリットが大きいです。インターホンのリニューアルは業者に依頼したほうが良いです。メーカーに劣らない知識を持った専門家が診断し、最適なリニューアルを実現することができます。自社スタッフが工事に当たる業者であれば、工賃も安く済むため設置料が比較的少なくすみます。特に集合住宅などで大量のインターホンをリニューアルする場合には、システム導入のプランから作成してもらい住人のニーズに合わせた最適なインターホンを選びます。

故障してしまったら

インターホン

インターホンが故障した際には、防犯面を考えても早めに修理するのが望ましいです。インターホンによっては自分で修理や交換できるタイプのものもあります。自分で修理できないタイプのものは業者へ依頼しなければなりませんが、複数の業者に見積もりを出してもらって検討するのがお得。

防犯対策にも便利

玄関

お住まいは賃貸マンションで、なおかつモニター付きインターホンがない物件の場合、取り外し可能なワイヤレスモニターインターホンが発売されています。安いものでは2万円を切るものもあり、退去時にすぐ取り外せるので人気が高まっています。

古い物との違いが分かる

女性

インターホンのリニューアルには、専門業者を選択します。費用が安く、説明がきちんとしているところがお勧めです。また、せっかくリニューアルするのですから、高性能なものにした方が効率的です。機能性も重視しましょう。